炭水化物を減らすメリット

MENU

炭水化物を減らすメリット※ごはんは抜くべきか?

痩せたい!体重を落としたい!細くなりたい!多くの女子が思い願っていることでしょう。そして様々な方法のダイエットに取り組み成功する人や失敗する人などまちまちでもあるようです。そこで実践したことがあるという人や聞いたことがあるという炭水化物ダイエット又は糖質制限を行う人も多いようです。

 

しかし体験談、口コミ情報などでは間違った方法で行うことで、体臭や肥満、体調不良と身体に何らかの支障が出るとも言われているようです。元々は超肥満体の人や糖尿病の改善、治療目的で行われているもので、健康体の人が長く自己流で行うことで起こり得ることでもあるようです。そこで今注目されているのが正しい方法での低炭水化物ダイエットとなっているようです。ここでは炭水化物を減らすことでのメリットや効果を検証してみました。

 

炭水化物抜きダイエットの落とし穴

 

人間の体には3大要素と言われている炭水化物、たんぱく質、脂質は必要とされており、その中で糖質が含まれているのが炭水化物となります。それを制限することで1回の食事の量の半分のカロリーを減らすことができますので、単純に考えると体重の減少は簡単に落とせるとも言えるようです。そのため多くの人が実践するなか完全に取り入れないとした食事や長く続けることで、リバウンドや内蔵機能の低下となることも実際に起きていることも事実なことでもあるようです。

 

不足することで集中力がなくなることも言われているのが、脳は糖分が必要とされていることから摂取しないことで勉強や仕事の効率も悪くなると言われています。そして体が飢餓状態となることで、少しの量でも脂肪に変えようとするため太りやすい体質となることも考えられます。炭水化物の変わりに肉や魚などのたんぱく質の摂取量が増えると胃腸や肝臓に負担をかけることとなるようです。ですので間違った方法でのダイエットは危険な行為でもあるようです。

 

ルールを守ることで健康にダイエット!

 

  1. 毎日3食必ず食事をする
  2. 朝、昼、夜にはきちんと食べることも大切です。しかしラーメン、パスタ、オムライス、チャーハン、うどん、そばなどといった主食が炭水化物なものは禁物となっています。
  3. 炭水化物を完全に抜いてはいけない
  4. おにぎり小又はご飯を100g程度を目安として毎食の献立のメニューに摂り入れましょう。
  5. 夜20時以降の食事は禁止!間食禁止!
  6. 3食食べるため余分なカロリーを摂取することは肥満の原因でもあり、寝る前の食事は代謝が低下してしまうことからこれも気をつけたいことでもあります。
炭水化物を減らすことでの効果とは?

 

  • 短い期間で痩せることができ減量の効果を実感することができる
  • 糖分の摂取量が少なくなるためため血糖値の上昇を抑えることができる
  • 激しい運動をする必要がない

近年では色々な減量法が多種多様とありますが、その多くではリバウンドしたといった人が見られるようで、約90%の方が一度は実際に経験したという統計も出ているようです。そして炭水化物を減らすことでメリットがあり痩せることができるとしていますが、間違った方法によりそれがデメリットとなることも考えられるようです。ですのでルールを守りながら行うことで健康的に体重を落とすことが期待できるようです。

 

そしてそれと同時に有酸素運動など取り入れることでその効果はアップし、健康的にキレイに痩せることも可能となりますのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。代謝が向上し脂肪が燃焼しやすい太りにくい体質改善ともなりますのでおすすめでもあります。